治験に参加する上で知っておきたいことトップメイン画像

治験は薬を作り、市場で販売するためには欠かせない臨床試験です。治験なくして薬が販売されることはありません。
その治験ですが、ボランティアが参加することによって成り立っています。健康な人、疾患を持っている人が入院や通院をして薬を服用することで薬の効果を確認することが治験の内容になります。
薬を作るには、治験に参加するボランティアが欠かせないのです。

条件が合えば参加できる


ボランティアとして参加できる条件は、治験にとって様々ですが、基本的には健康な人か特定の疾患を持った人が対象になります。
未成年や妊娠中の方、BMI値が高すぎる、または低すぎる方は参加できないシステムになっています。
条件に合えばだれでも参加できるのですが、参加する前にいくつか治験について知っておくべきことがあります。
このページではそれらについてまとめましたので、参考にして頂けると幸いです。

治験はアルバイトではない


ここであえて明言しますと、治験はボランティアであってアルバイトではありません。確かに治験に参加するとお金はもらえますが、これは負担軽減費というお金であり、給料ではないのです。
治験とは働くものではなく、善意によって行われるボランティア活動の一つなのです。
誤解している人も結構いますので、あえてここで書かせていただきました。

みんなの治験アルバイト体験談